繁忙期以外の管理を

我々の業界の中でも特に監査や会計部門は、11月や12月は比較的仕事量の少ないシーズンだ。その余裕のある時間をうまく使って、12月末決算のクライアントの監査プランニングを開始したり、新会計基準のトレーニング、また非上場のクライアントで、経営陣が特に早期決算を求めていない場合の監査などが、この時期に行われていたりもしよう。もちろん9月末決算のクライアントもあるだろうが、12月末や3月末が圧倒的に多いはずだ。この時期をうまく使える会計士は優秀な気がする。大手会計事務所にいた時も、マネジャーによって繁忙期でない時期の自分のポートフォリオや他のスタッフの管理方法で大きく差がついていた。忙しい時にうまく回す技量が求められるのは当然で、問題はそうでない時に何をできるかではないだろうか。

こういった話は何も会計業界の話だけではなく、ビジネスそのものにも当てはまるだろうし、プライベートの過ごし方にも及ぶのではないだろうか。監査で多種多様なクライアントを訪れるが、売上がシーズナルな業界は多い。例えばこれからクリスマス商戦が始まるが、この時期の売上が1年の半分ほどを占めてしまう業界もあろう。もちろんそう言った業界が11月、12月だけ資材を投入すればいいというわけではない。この時期に向けてマーケティングや商品開発、人材育成に膨大な時間とキャッシュを投資しているはずだ。こうしたビジネスサイクル全体像が、実はマネジャーレベルでも理解できていない、もしくは理解していても全体をマネージできない人がいたりもする。その時々に振り回されて、決断もその場しのぎばかりであったりする。そういったマネジャーの下で働く現場レベルは、一層全体像が見えなくなるだろうし、見渡せる能力のあるスタッフがいても抜擢されることはないかもしれない。僭越ながら監査で訪れるクライアントの経理部でもこのような光景はしばしば目撃された。

個人に翻ってみると、仕事の予定によって、もしくは子供や家族の予定によって、プライベートにも繁忙、閑散期がある。例えば平日と週末かもしれない。外せない付き合いや家族のイベントなどはプライベートでも重要な時間であろう。そう言ったイベントが少なかったり、休暇を取ったりして自由な時間が生まれた時、どのように使うだろうか。偉そうに言っているが、自分自身への戒めの意味も込めてこのように書いているのである。日頃から、時間ができたらあれに手をつけようだとか思っていても、いざ時間があるときにすぐに着手するかといったら、なかなかそうもいかない。結局、本を読みふけって終わってしまったりする。それはそれで大切ではあるが、いつかやろうと思っていることが、永久に出番が回ってこないことになりかねない。

最近はパソコンのカレンダー機能が充実しており、To Do Listの管理がしやすいアプリも多く、ラップトップ、iPhone、iPad全てがクラウドで繋がっているため、仕事はもとより、自己管理も遥かに楽になった。同時進行のプロジェクトやプライベートのスケジュールとTo Do Listが視覚的時間軸で把握しやすいのだ。とは言っても最後は結局のところ自分で実際に手をつけるかどうかの話である。学生時代、試験勉強の予定だけはきっちり立てても、実際に手をつけないで、計画倒れになった記憶のある人は多いのではないだろうか。時間ができた時に何をしているかで、人生全体のパフォーマンスに大きな差が出るのだろうというのは想像に難くない。もうすぐクリスマス、正月シーズンだ。旅行など楽しむ時間や家族との時間も重要だ。でもそれだけではなく、普段は目の前のことに追われて後回しになってしまっている、緊急ではないリサーチや自分の技能のブラッシュアップ、そして一歩引かないと見えてこない組織の問題などを考えてみる時間などを作る絶好のチャンスである。
広告